利用前に知っておきたいカードローンのメリット・デメリット

利用前に知っておきたいカードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットは、その気軽さ、使いやすさにあります。たとえば消費者金融では、少額でも融資を受ける度に審査を受けなくてはならないケースがあります。カードローンの特徴は「限度額内なら何度でも借り入れと返済を繰り返せる」ですから、毎回の審査が不要で手間や時間がかかりません。無担保なので抵当権の設定などは不要で、不動産を所有していなくても融資を受けられるのも気軽に利用できる理由です。なお、いったん設定された限度額が下げられることは、めったにありません。これらのメリットは、利用者にとって非常にありがたいことですが、裏目に出てデメリットとなる可能性もあります。何の手続きも無しに、何度でも自由にお金を引き出せるため「借金をしている」という感覚が薄れがちになります。特に毎月一定額の返済が可能な「残高スライド定額リボルビング方式」を利用していると、借り入れの総額を意識しなくなる人もいるようです。絶えず借り続け、だらだらと返済していくと、金利がかなりかさみます。借金の元金を無くさない限り永久に金利が発生し続けることを忘れずに、借り入れをしたらできるだけ早く利用残高をゼロに戻す努力が大切です。カードローンを上手に利用するには、メリットとデメリットの両面を把握しましょう。