カードローンを利用できない人

カードローンを利用できない人

カードローンを使えない人もいます。まず大きな制限が、年齢です。20歳未満の未成年はカードローンの利用はできません。銀行のクレジットカードは18歳以上で作れるため、銀行系のカードローンも18歳から利用できると間違いやすいので注意してください。年齢の上限も確認が必要です。カードローンの審査に通るためには、安定した収入が必要です。そのため高齢者に対する制限が設けられていますが、上限はまちまちです。銀行系のカードローンでは65歳未満、消費者金融系のカードローンでは69歳未満を上限年齢としていることが多いようです。定年退職をすると安定した収入がなくなり、カードローンなどの審査には通りにくくなります。しかし、年金を安定した収入と見なして融資をするカードローンもあります。
カードローンを使えないもう1つの理由が、審査で利用不可にされるケースです。最も利用不可になりやすいのが、借り入れ状況が悪い人です。複数の会社から借り入れをしている、借入額が大きい人は、返済能力に不安があると判断されます。過去に返済が滞っていた、債務整理や自己破産の経験がある人はブラックリストに入っているので審査には通らないでしょう。本人には借り入れ歴が一切なくても、家族内にブラックリストに入っている人がいれば、カードローンは利用できません。